AEDをマンションでレンタルしました

AEDをマンションでレンタルしました

AEDとは

AEDをマンションでレンタルしました
看護師の嫁に訊きました。AEDとは直流除細動器(DC)の簡単版です。
専門的には心室細動を直流電流を流すことにより、心臓の電気信号を一旦フラットにして
再起動させるものです。

よくドラマで見ますよね。死にかけの患者に2個のアイロンみたいなパッドを押し付けて
ドンっと体が動くやつ。
あれを誰でも安全に使えるようにしたものです。正常の人には電気が流れない仕組みになっています。

AED 設置場所


うちのマンションの場合は玄関入ってすぐのエントランスになっています。
ここであれば、マンションの住人はすぐ使えますし、管理人さんも使えます。
あそこのマンションにはAEDがあると近所の人にも知ってもらえれば、地域貢献にもつながります。

AED 価格


一般的には30万円前後のようです。
うちのマンションではリース契約なので月に6264円です。
リース契約は購入よりは割高なので、ずっと設置するなら買ってもいいと思います。



メーカーは日本光電やフクダ電子などがあります。
自治体によっては、割引制度もあるようです。

AEDの耐用年数や使い方

AEDの耐用年数は8年です。一般的な医療機器と同じです。
使い方は、音声にしたがってパッドを貼って、ボタンを押すだけです。
健常者には、電気は流れないようになっています。
なので、意識が無くあやしい人には積極的に使うようにしましょう。

AEDの講習会

各自治体の消防署で定期的に行われています。
家族の命を守るために、救命講習会をうけることをオススメします。

うちのマンションでは、幸いなことに使用したことはありません。
ただ、あるだけで安心できます。



自動車税をお得に支払う方法

2020年5月23日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA