イングレスで遊ぶ

イングレスで遊ぶ

イングレスとはGoogleのNiantic Labsによる、リアルGPS位置情報に基づいた多人数参加型
モバイルオンラインゲームです


Android 2012年11月15日公開
iOS 2014年7月14日公開

僕はアイフォンユーザーで始めたのは2014年11月です。
こんなの見たら、アンドロイドからやってる奴のほうが有利じゃねえか?ってなるかもしれません。

長いことやってる奴が神になるようなゲームならば、ここまで普及していなかったでしょう。
初心者でも頭と体を使えば、十分に対抗できます。2年以上プレイしてる奴にも勝てます。

ゲームを簡単に説明すると、スマホ(スキャナーという)を使って、
色んなとこにあるポータル(要所)を攻めたり、他のプレーヤーと協力してリンクを貼ったりして、
領地を広げるゲームです。

チームは2つです。はじめに選択しなければなりません。
そして一度決めると、二度と変更できません。よく考えて選択しましょう。



友達がやっているならば、同じチームでするのがいいと思います。
そのほうが、盛り上がれますからね。

Enlightenedエンライテンド(覚醒派):チームカラーは緑。新たなエネルギー(XM)や
シェイパーの技術を取り入れ人類を新たなステージへ導こうとする勢力。



Resistanceレジスタンス(解放軍):チームカラーは青。新たなエネルギー(XM)やシェイパーを信用すべきでないとし、人類を覚醒派から、防衛しようとする勢力。XM研究から生まれた人工知能ADAを主導者とする。

ちなみに僕はレジスタンスで活動しています。レジスタンスっていう響きが格好良くないですか?
レジスタンス勧誘のポスターで面白いのがありました。

 

 

注意書き笑えるでしょ?ちなみにリアルで敵にあったことはありません。
ニアミスはありますけど、キョロキョロはしませんでした。小心者なので。

では、のんびり楽しみましょう!



自動車税をお得に支払う方法

2020年5月23日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA